トップページに戻る
ALPINE  CDE-121J   チューナー特性評価

 (有)LSIサポート

                                                                                 2013/2/17


アルパイン CDE-121J




メイン基板写真 
裏面にも部品のっている
黄色線で囲った部分がラジオ部




ラジオ部拡大写真
FM入力に5mm角のトランス使っている
部品点数は非常に少ない

 アルパインのカーステレオCDE-121Jのラジオ部を評価しました。

1DINのCDヘッドユニットで、2011年2月発売、定価12,200円の製品です。

 ラジオ部のICはNXPセミコンダクターズ社製のTEF6607です。

このTEF66xxシリーズICはAtomICと呼ばれ、BiCMOSプロセスのアナログ信号処理のICです。

 現在、市販モデルのローコストカーステレオに非常に多く使われ います。

 このICの特徴は、外付け部品が非常に少ないことです。

pin数も32pinと少なく、いわゆるシリコンチューナーです。

従来ICから削減された外付け部品は、


 ●LNA用のFET(FM,AM共)

 ●RFAGCのATT用のPinダイオード(FM,AM共)

 ●RF同調用のバラクタ(FM)

 ●IFFILTER用のセラミックフィルタ(FM,AM共)

 ●VCOの外付け部品

などです。

 これだけの部品をICに内蔵しているにもかかわらず、従来の外付け部品の多いチューナーに近い特性を得ており、 ローコストのカーラジオ向けとしては問題ない基本特性を確保してい ます。
 ただし、FMRF部同調回路が無いため、離れた妨害時の特性は従来チューナーに比べて大きく劣ります。

 右上写真はセットのメイン基板です。基板は両面基板で、部品も両面に載っています。なお、ラジオ部の裏面は、全面GNDとなっており部品は 載っていません。

 右下写真はラジオ部拡大写真です。チューナーパック形式ではなくメイン基板内に構成されています。シールド用の金属板も ありません。

 ラジオ部の部品は非常に少なく、主な部品としては、
FMRF入力部に5mm角のトランス

②4Mhzのクリスタル発振子

③電源ラインの47uF電解コンデンサ

④AMRF同調用のチップインダクタ2ヶ
などです。


  特性面での特徴

1.FM,AM共に実用感度が悪目です。

 LNAのIC内蔵の影響と思われます。また、FM感度測定付近の入力でIFFILTERを狭帯域には切替えていないようです。

2.S/N、歪率、イメージ抑圧、は問題ない特性です。

3.ビートは、発生ポイントありません(JPNband)。


4.FMのハイカット制御、セパレーション制御を、(入力レベルだけでなく)変調度でも制御しています。そのため30%変調時はハイカットされ、セパレーョンも制御された状態になります。

5.AMの弱入力ハイカット機能があります。そのため、400hzでの実用感 度が1Khz時より1.4dBUPします。

6.ノイズキャンセラ(ノイズブランカ)はFM,AM共に機能しています。
ただし、FMはノイズの切り残しが目立ち、AMはノイズ感度がかなり低い感じです。

7.SEEK時間は、

  ●FM:76M~90M 100Kステップで一周 約7秒、

  ●AM:522K~1620K  9Kステップで一周 約8秒です。

8.FM、AM成分によるセパレーションコントロールは、19KhzAM変調が50%で完全MONOになります。

9.FM、AM成分でハイカットもコントロールしています、19KhzAM変調が15%でハイカットMAXになります。

10.AM、入力レベル急変動で 強入力→弱入力時、出力が安定するまで1秒くらいかかります。




下表にポイントデータを示します。






項目 測定値 備考
  FM
実用感度 [dBf] 10(5dBμ)
S/N 30%[dB] 63.4 ノイズレベル測定時はハイカットされた状態
THD100% [%] 0.38  
SEP 30%[dB] 17 100%変調時は32.5dB 
AMR(FM30%,AM80%) [dB] 60.7  
ImageRej [dB] 66(upper時)
68(lower時)
upper、lower自動切替あり
2信号選択度⊿100khz [dB] 0(mod100%時)
25(mod30%時)
 
IM(Fu=⊿800K,1600K、100dBu入力時 S/N30dBとなるFd) [dBu] 34
  AM
実用感度1k[dBu] 30 400hzでの測定時は弱入力ハイカットの効果で28.6dBuにUP
S/N 30%[dB] 57
THD80% [%] 0.21  
ImageRej [dB] 66(upper時)
62(lower時)
upper、lower自動切替あり 
選択度(S/N10dB)⊿9khz [dB] 50.5 +側と-側の平均 


トップページに戻る


以下にカーブデータを示します。


 
   
   
   
   
   
 
 
 
トップページに戻る